親の家のリフォームローンとは?

【親の家のリフォームにはいろいろな手続がある】親名義の家に住むことはよくあることで、決して珍しいことではありません。
確かに所有は親なのですが、他人から借りているのではありませんから、借家というイメージはあまりなく、気持ち的には自己所有に近い感じです。
でもリフォームをするとなると簡単にはいきません。

名義を変更しなければいけないからです。
ではどのようにして名義を変えたらいいのかと言いますと、それには次の二つの方法があります。
<建物の評価の「リフォーム資金に見合う持分」だけ名義を変える>「リフォーム資金に見合う持分だけ」親の名義から子供の名義に変える方法です。
ただしこの方法はケースによっては税金がかかる場合があります。
<「建物すべて」を親の名義から子供の名義に変える>建物すべての名義を変えて移転登記を行い、所有権を取得しておきます。
これには親から子供へ売買(譲渡)する方法と贈与する方法の二通りありますがいずれの場合も譲渡所得税や譲与税などの税金が発生します。