住宅ローンで安い金利で借りるには?

住宅を購入するのは人生で一番高い買い物と言われています。
その住宅を購入するには多くの人が住宅ローンを利用します。
ローンを組むうえで一番気になるのは金利です。
利子の部分が安いと住宅を安く購入できます。
なぜかと言うと、金利とは、借り入れ金額に対してその時の利子を支払います。
毎月返済額は一定で決まっています。
返済額は変わりませんが毎月の返済で残ローン金額が減るので、利子の部分が期間がたつごとに減ります。
これが元利均等返済方法です。
この他に、返済額が毎月減っていく方法があります。
これは毎月の利子の部分を定額にします。
残ローン金額は減るので返済額が減っていきます。
利息は銀行にとって収入源です、ある程度の利息は支払うのが銀行への感謝の気持ちです。
このように住宅ローンは二通りの借り方があります。
少しでも安い金利で借り入れすることで利息の部分をしっかり減らし、総返済額を減らし住宅を少しでも安く購入することができます。
住宅ローン金利が安いところは?変動・固定比較【低金利銀行ランキング】