新生銀行のつなぎローンの融資額は?

新生銀行グループの「アプラスブリッジローン」を組む場合、500万円以上8,000万円以内の融資を受けることが可能です。
住宅ローンとは別に組むつなぎローンで8,000万円までの融資限度額を設定している金融機関はそれほど多くありません。
この融資限度額の高さ、そして一万円単位で融資額を設定できるというのがアプラスのつなぎローンでローンを組むメリットでもあります。
ただ、この融資金額にも条件があり、住宅ローンを組んだ際に受け取る「融資証明書」に記載されている住宅ローン予定額の範囲内でなければ、それぞれの資金用途に利用することができません。
例えば、土地購入代金に利用する場合には売買契約金額の100%ですが、他の建物着工建築金は30%までとそれぞれ決まっています。