フラット35借り換えの手数料シミュレーションは?

住宅ローンを組むうえで、手数料という物がとられる場合があります。
これは銀行側の手数料という事ですので、どうしても必要になるお金です。
ただ、借入額や銀行によって、手数料は違ってきますので、詳しく知りたい場合はその銀行の返済シュミレーションなどから計算してみると良いと思います。
他行からの借り換えなどで人気のフラット35は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して出来た新しいローンの商品です。
フラット35は、その名の通り、35年間金利が変わらないもので、しかも年利は1.
470%~2.
870(5月現在)と非常に低金利です。
これにより、金利の変動なども気にすることなく、安心して住宅ローンの支払いが出来るようになります。
住宅ローンの借り換えシュミレーションで諸費用が安い銀行は?