住宅ローンが年収の35%を超えるとどうなる?

住宅ローンの返済額というのは、年収の20%から25%程度であると無理なく返済していくことが出来ると言われております。
無理のない返済を続けていき、もし余裕が出来ればその分を繰り上げ返済に回してあげると金利を浮かせることが出来ますし、返済期間の短縮にもつながります。
ただ、年収の35%を超えるような返済額になってしまったという場合には、毎月の返済負担額が大きすぎますので、住宅ローンの契約をする前に見直しをした方が良いでしょう。
自己資金(頭金)を増やしてから購入を検討するか、またはもう少し安い住宅に変更するなど、資金計画を見直さないと後で大変な思いをすることになってしまうかも知れません。
すでに借り入れをしているという場合には、家計の見直しを始めたほうが良いでしょう。
http://xn--o9j1osa9a3643apwf4qo1vf.com/